{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

朝露 ―日本に住む脱北した元「帰国者」と アーティストとの共同プロジェクト

Last 1

2,640 JPY

About shipping cost

日本に住む脱北した元「帰国者」と アーティストとの共同プロジェクト「朝露」。本書では、2020年の展覧会で発表された作品とその記録を起点とし、外部の寄稿者による「朝露」プロジェクトへの応答を幾重にも編みながら、ディスカッションの輪を広げていくことを試みる。 ***** 魂の長い夜を明かし草葉に宿る 真珠より美しい朝露のように 心に悲しみが実るとき 朝の丘に立ち微笑みを学ぶ 『朝露』 歌詞より 訳:李 政美 作詞:金 敏基 ***** 「朝露」とは、1980年代に韓国の学生運動で歌われた歌のタイトル。夜を経て純粋で美しいものに生まれ変わることを象徴している。 アーティスト琴仙姫(クム・ソニ)によって企画された「朝露」は、「元「帰国者」」をテーマとしたソーシャリー・エンゲイジド・アート(SEA)・プロジェクトである。 1950年代から80年代の「北朝鮮帰国事業」において、延べ9万人を超える在日朝鮮人が、当時「地上の楽園」として報道された幻想を信じ、北朝鮮へと「帰国」した。しかし、彼ら「帰国者」を待っていたのは、深刻な貧困や過酷な生活であった。独裁体制の下で日本からの数多くの「帰国者」が不明確な理由で強制収容所に送られ、命を落とすこともあったという。この出来事は、いまだに解決されていない東アジアの歴史問題として残っている。その北朝鮮から「脱北」した「帰国者」を、このプロジェクトでは元「帰国者」と称する。そして、現在日本には200人あまりの元「帰国者」が住んでいる。彼らは、脱北した事実を隠す必要に迫られている。隠さないと日々の生活に困難をきたすためだ。 このような状況下で、実際に日本で暮らす脱北した元「帰国者」らに、琴をはじめとした3組のアーティストが会いに行く。元「帰国者」との対話をとおしてインスピレーションを培いながら、作品制作と展示へと繋げていく。それらの作品群は、2020年11月に東京北千住のギャラリーで発表され、わずか6日間の会期にもかかわらず大きな反響を得た。 本書では、展覧会で発表された作品とその記録を起点とし、外部の寄稿者による「朝露」プロジェクトへの応答を幾重にも編みながら、ディスカッションの輪を広げていくことを試みる。 展覧会出品作家 ・琴仙姫 ・竹川宣彰 ・山本浩貴+高川和也 著者:琴仙姫 クム・ソニ 共著:竹川宣彰、山本浩貴、高川和也、毛利嘉孝、岡田有美子、近藤健一、松村美穂、鄭 暎惠、島貫泰介、レベッカ・ジェニスン、笹山大志、崔 敬華、李 静和 デザイン:山城絵里砂 発行:アートダイバー 表記:日本語 H188×W130/256P/2023 *Overseas shipping OK *Free shipping on orders over ¥ 10,800 in Japan only. Overseas shipping charges apply.

Sale Items