{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

フェミニスト・キルジョイ  フェミニズムを生きるということ

Last 1

4,950 JPY

About shipping cost

フェミニズムが恐怖を引き起こすのも無理はない、 連帯したわたしたちは危険なのだから。 フェミニストとして生きるということは、その言動で他人の喜びを奪い、うんざりさせる存在になることかもしれない。それでも闘おう、ともに。あなたの存在と身体で。現代フェミニズムの最前線で注目される書き手が、自身の経験と魅力的な言葉の数々で呼びかける、連帯への挨拶。巻末にフェミニストとして生きるための10の道具解説と、マニフェストを収録。 ◎目次 イントロダクション フェミニズム理論を家に持ち帰る  第一部 フェミニストになるということ  第一章 フェミニズムはセンセーショナル  第二章 方向づけられることについて  第三章 わがままさとフェミニストの主体性 第二部 ダイバーシティ・ワーク  第四章 変革を試みる  第五章 質問の的となること  第六章 レンガの壁 第三部 結果とともに生きる  第七章 壊れやすいつながり  第八章 フェミニスト・スナップ   第九章 レズビアン・フェミニズム 結論その一 キルジョイ・サバイバル・キット 結論その二 キルジョイ宣言  訳者あとがき  ◎著者プロフィール Sara Ahmed/フェミニズム理論、クィア理論、人種理論などを専門とするライター、研究者、アクティビスト。ロンドン大学ゴールドスミス校の教授を務めていたが、学内でのハラスメント対応に抗議して2016年に辞任。著書に、Differences that Matter: Feminist Theory and Postmodernism (1998), Strange Encounters: Embodied Others in Post-Coloniality(2000), The Cultural Politics of Emotion(2004), Queer Phenomenology: Orientations, Objects, Others (2006), On Being Included: Racism and Diversity in Institutional Life (2012), The Promise of Happiness(2010), Willful Subjects(2014), What's the Use? On the Uses of Use(2019), Complaint!(2021)など。https://www.saranahmed.com/ 著者:サラ・アーメッド 翻訳:飯田麻結 出版元:人文書院 表記:日本語 H192mm×W138mm/466P/2022 *Overseas shipping OK *Free shipping on orders over ¥ 10,800 in Japan only. Overseas shipping charges apply.