{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

VIKTOR / JACQUES & LISE (韓国語版)

Last 3

2,970 JPY

About shipping cost

世界中の優れたビジュアルブックを紹介するソウルの独立出版社jjokkpressのレーベルgoatと、グラフィックデザイナーのイ・ジェヨン(6699press)さんのタッグが贈る、ベルギーの絵本作家デュオJACQUES & LISEの傑作絵本『VIKTOR』(韓国語版)。 ****** チーターになる夢を見た猟師が、自分の道を変える決心をするまでの物語を、見事なイラストで描いた作品。 ある夜、猟師は自分がサバンナでチーターになる夢を見る...。目覚めたとき、彼はもう猟師になりたくないと思った。しかし、どうすれば今までの狩猟を償うことができるのだろうか? ****** 〜出版社レビューより 答えより問いを、より多くの会話を呼び起こす絵本だ。 一人という堅固なアイデンティティを獲得するより、一緒にという柔軟なアイデンティティを分け合おうという教訓。猟師から学ぶ、思いやりと感受性。私たちが生きながら、自分のアイデンティティを鮮明に認識しオープンにできる瞬間がどのくらいあるでしょうか。 一方で、そのように得たアイデンティティを果敢に譲渡するほどに、一個人の人生の転換機となるような出来事は何度も訪れるだろうか。 この二つの出来事をたった一晩で経験する猟師がこの絵本『VIKTOR 』の主人公ビクトルだ。 ビクトルは長い間チーターを捕る夢を見てきた猟師だ。壁にはチーターの絵がかけられ,クッションはチーターの模様だ。ついに狩りに成功した彼の足下には、柔らかなカーペットのように敷かれたチーター一匹。 彼は今日、初めて憐憫と反省の感覚を切実に感じている。 自分の過ちを正すために死んだチーターの友達になることを決心するこの猟師には、これからどんな世界が待っているのだろうか。 ビクトルは権力と所有、そして動物に対する私たちの救いようのない本性を見抜く魅惑的な物語だ。自分の手で捕まえた獲物の皮を着た猟師を描いたシーンは、不気味でうっとりしている。 『VIKTOR』は、私を別の存在として想像し、世界を占有している他の人々、結局は私たち自身までをもっとよく理解できるようにしてくれる。 ****** 6699pressのジェヨンさんによる、手触りが優しく、美しい装丁も素晴らしい『VIKTOR』(韓国語版)。 ◎デザイン:イ・ジェヨンさんからのメッセージ 『VIKTOR』は、相手の世界に入って友達と向き合う経験をさせてくれる。 ビクトルはチーターの友達と一緒に歩き、走り、美味しいものを分かち合う心を学ぶ。 読者の皆さんも、多様な視点を持ちながらも、一つの線のように流れる表紙のタイトル文字のように、「人間と動物、私とあなた」の目線を合わせてみてください。 カバーを外すと、広い宇宙の中の小さくてか弱い存在、ビクトルがもう一度登場します。 穏やかな質感の紙によって、荒々しく恐ろしいチーターではなく、近くにいる友人として、今日を共に生きる存在の小さな温もりが伝わってほしいと願っています。 著者:Jacques Maes&Lise Braekers デザイン:イ・ジェヨン(6699press) 出版元:goat 表記:韓国語 H306mm×W210mm/48P/2021 *Overseas shipping OK *Free shipping on orders over ¥ 10,800 in Japan only. Overseas shipping charges apply.