あの時も「こうあるべき」がしんどかった〜ジェンダー・家族・恋愛〜
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

あの時も「こうあるべき」がしんどかった〜ジェンダー・家族・恋愛〜

Last 1

1,650 JPY

About shipping cost

あの時「決めつけ」に生きづらさを覚えて苦しみ そして今も「こうあるべき」にしんどさを感じるあなたへ── 男の子は青、女の子は赤が好きなのは当たり前。男性は女性、女性は男性と付き合いたいもの。美容師やバンドマンは不安定だから結婚相手として見られない。男だから一家の大黒柱でなければならない。──そんな「こうあるべき」という「決めつけ」、誰もがしてしまったことがあるのではないだろうか。ただ、それで傷ついたり、生きにくさを感じたりする人は、多くはないかも知れないけれども確かに存在する。そして、昨今言われるSDGsでも指摘されているように、これからは社会全体でそんな課題に向き合い、解決していくことが必須だ。本書では、マンガ+ミニ解説でそうしたことへの「気づき」や、考えるための素材を提供する。社会の「当たり前」に違和感を感じたことがある人はもちろん、これからそうしたことについて知っていきたい人にも、さりげなく、優しく、接してくれる一冊。 〜出版社レビューより ◎目次 幼少期で 01 男の子の色、女の子の色 02 子は親を見て男女の役割を学ぶ 03 「女の子のおもちゃ」は恥ずかしい? 04 視界に入る家庭の単一化 column 1 同性婚と自己肯定感と自殺率 学校生活で 05 「違い」はおかしい! 仲間はずれ遊び 06 マイノリティが感じる性自認や性的指向のズレ 07 性別による決めつけの違和感 08 トップに立つのは男の子だけ? 09 男子の文系、女子の理系 10 奇抜な個性に関する偏見 column 2 「こうあるべき」へのプレッシャーは人の可能性への足かせ 大人になったら 11 職種や肩書でのラベル 12 男子のヒエラルキー 13 恋愛観の押しつけが「呪い」になるかも 14 女の幸せ≠ゴールイン 15 子どもを持ってこそ一人前 16 父、母の「こうあるべき」 著:パレットーク  イラスト:ケイカ 表記:日本語 出版:シンコーミュージック H188mm×W128mm/144P/2021 *Overseas shipping OK *Free shipping on orders over ¥ 10,800 in Japan only. Overseas shipping charges apply.