original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/11

ラヴズ・ボディ 生と性を巡る表現 LOVE'S BODY art in the age of AIDS

2,200 JPY

About shipping cost

2010年に東京都写真美術館で開催された展覧会図録。エルヴェ・ギベール(1955-1991)、フェリックス・ゴンザレス=トレス(1957-1996)などエイズで亡くなったアーティストたちの作品。インド・デリーでセクシャルマイノリティやジェンダーをテーマに肖像写真作品を制作するスニル・ダプタ。そして、ハスラー・アキラの“Red String”、“Pandemic”を収録。 ........................................................... Akira the Hustler Artist Statementより 世界は人と人とのふれあいに溢れている。 こうしてキーボードを叩いているみじかい間にも、世界のあちらこちらで人は出会っている。時にその出会いのかたわらを、ウィルスは静かに寄り添い、時に伴走する。 この春に、新型インフルエンザが流行して、日本は大騒ぎだった。 それが少し落ち着いた頃、友人の研究者にウィルスがこんな風に広がっていくんだというデータをもとにしたアニメーションをみせてもらった。広がっていく赤い点が地図の上の東京を動きながら大きくなって、街境をやすやすと越えて行った。 それを恐ろしいという人もいるけれど、ぼくには、それが人と人が出会い、ふれあっていく軌跡のように見えた。HIVはどんな軌跡を地図の上に描くのだろう。 病気はもちろんどんなものであっても、なったらつらいものだけど、感染が起きている現場にも、その後に続く営みの中にも、まずはそこに人と人とのふれあいがあることを肯定していたい。 過剰な防衛の戦略は、そもそも人と人とが出会い、ふれあうことを否定するかのように見えてくるのだ。 ........................................................... 出品作家リスト ウィリアム・ヤン Willliam Yang AA ブロンソン AA Bronson ピーター・フジャー Peter Hujar デヴィッド・ヴォイナロヴィッチ David Wojnarowicz エルヴェ・ギベール Herve Guibert フェリックス・ゴンザレス=トレス Felix Gonzalez-Torres スニル・グプタ Sunil Gupta ハスラー・アキラ/張由紀夫 Akira the Hustler/Cho Yukio ........................................................... 仕様:ソフトカバー 表記:日本語、英語 出版元:東京都写真美術館/Tokyo Metropolitan Museum of Photography H240mm×W192mm/184P/2010 ◎状態は若干のヤケがありますが良好です。 *Overseas shipping OK *Free shipping on orders over ¥ 10,800 in Japan only. Overseas shipping charges apply.