{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

Decolonize Futures Vol. 2『脱植民地化と環境危機』

1,650 JPY

About shipping cost

2023年は、観測史上最も暑い年でした。気候変動によって台風や豪雨の被害が年々悪化している状況が、もはや当たり前のように感じてしまいます。環境の危機は、気候変動だけではありません。地球上の様々な生物種が、類を見ない速さで絶滅している「第6の大量絶滅」に入ったと言われています。 環境破壊や気候変動が悪化してきた歴史の背景には、環境破壊を肯定し推し進めてきた経済や政治、そして文化があります。植民地主義を通じて、植民地の人々や自然を搾取可能な「モノ」とみなし、土地を征服し切り開いてきたことが歴史的な環境破壊へと繋がっていきました。 Decolonize Futures Vol. 2「脱植民地化と環境危機」は、環境危機の根底にある植民地主義を批判し、オルタナティブな未来の可能性を研究する方々とのインタビューを収録した一冊となっています。 立教大学特任准教授の中野佳裕さんと、オーフス大学助教授の本田江伊子さんを招き、脱植民地化運動が様々な変化を遂げながら展開されてきた歴史、脱成長から考えるオルタナティブな未来の可能性、歴史をイデオロギー化せずに複数形の語りをすることの重要性といったトピックについて深掘ります。 ****** Decolonize Futuresとは / About our project 「Decolonize Futures —複数形の未来を脱植民地化する」は、日本/東アジアにおける植民地主義の根深さ・脱植民地化の必要性についての議論を行い、複数形の未来の可能性を作るためのZINEプロジェクト。 文化や政治、歴史、学術など様々な角度で、歴史的な暴力および今の社会に続く植民地主義を批判し、脱植民地化についての言論空間を開いていくことを目的にZINE制作を行っています。 “Decolonize Futures” is a ZINE project to open up the discussion of the deep history of colonialism and the need of decolonization in Japan and East Asia for the possibilities of plural futures. We criticize the historical violence and ongoing colonialism in the society from perspectives including culture, politics, history, and academics. By doing so, we aim to create a discursive space for decolonization in Japan. ****** 編著:酒井功雄、saki・sohee 出版元:Decolonize Futures 表記:日本語、英語 H182mm×W128mm/96P/2024 *Overseas shipping OK *Free shipping on orders over ¥ 10,800 in Japan only. Overseas shipping charges apply.

Sale Items