{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

透明人間さよなら

880 JPY

About shipping cost

性的少数者… 障がい者… 日本に暮らす外国籍の人…など、 社会的マイノリティについて書かれた本をメインに取り扱い、 本屋がメガホンとなって、 いないことにされてきた彼らの「小さな声を大きく届ける」ことを目指す。 岐阜市の柳ヶ瀬商店街にある“本屋メガホン”の店主が、 他者からの一方的な発言や自らの無意識の言動によって、 透明人間のようにないものとされてきたゲイとしての自分自身や恋人を、 書くことで取り返すことを試み、 これまで感じてきた違和感や、 なぜ本屋を開業しようと思ったかを綴り、 自身の存在を表明したのが『透明人間さよなら』です。 透明人間のようにないものとされないように生きる、はじめの一歩になるZINEです。 *****  "ゲイに生まれて嫌だなと思う瞬間は、自分が発した言葉で大切な人をこの世からいないことにしてしまう瞬間だ。あえて過激な言葉で表現すると、自分の恋人を自分の手で殺す瞬間だ。同棲しているのに一人暮らしだと嘘をつく時、彼のことをただの友達だと説明する時、僕はこれまでゲイとして生きてきて何回も恋人を殺したし、ゲイである自分自身を殺してきた。言葉で。自分を守るために発した言葉がブーメランみたいに返ってきて結果的に自分を傷つけるという何とも滑稽なループの中で生きてきたと思う。" 〜「はじめに」より ***** 出版元:本屋メガホン 表記:日本語 H128mm×W138mm/24P/目玉クリップ綴じ 塩ビ板0.5mm(表紙)/トレーシングペーパー(本文)/2023 *Overseas shipping OK *Free shipping on orders over ¥ 10,800 in Japan only. Overseas shipping charges apply.

Sale Items