{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

したいけど、めんどくさい 〜日本のセックスレス現象を社会学する

Last 1

3,520 JPY

About shipping cost

なぜ日本ではセックスについて語り合うことが、こんなにも難しいのだろうか。 現代日本において、男女はどのような性意識・性行動によって、セックスレスになっていくのか。 20代から40代の経験者へのインタビューを通して、セックスをめぐるコミュニケーションの困難性とセックスレスカップルにとって、「セックス」はどのような意味や価値を持つのかを考える。 ◎目次 はじめに   ■第Ⅰ部 セックスレス現象における概要 第1章 セクシュアリティ研究 1 社会学領域のセクシュアリティ研究   2 現代日本の性意識・性行動の実態(2000 年~ 2019 年)   第2章 セックスレス現象における先行研究 1 セックスレスの定義   2 社会学から見たセックスレス現象   ■第Ⅱ部 インタビューを通じたセックスレスの分析 第3章 インタビュー調査を通じたセックスレスの分析(20代~40代) 1 先行研究の特徴とその限界   2 調 査 概 要   3 インフォーマント22 人の紹介   4 未婚者のセックスレスの現状― 20 代中心   5 未婚者のセックスレスの現状― 30 代中心   6 既婚者のセックスレス現状― 30 代・40 代中心  7 全体のインタビュー調査からの考察   第4章 婚外恋愛・婚外セックスとセックスレス 1 婚外恋愛について   2 夫婦間と夫婦外の性意識・性行動   3 インタビュー調査から   ■第Ⅲ部 セクシュアリティの国際比較 第5章 セックスレスは日本特有なのか,西欧でも生じるのか 1 “No Sex Please, We’re Japanese”   2 国際比較の実態調査   3 ドイツ語圏の事例からセクシュアリティを考察  4 インタビュー調査の結果と分析   5 考察   おわりに―全体像における結果の考察と今後の課題  1 セックスレス現象について 2 自己目的的セクシュアリティ 3 個人のセクシュアリティ 4 「セックスレス」における定義の再検討 5 今後の課題 補論 セックスレスは雑誌でどのように論じられてきたか 1 2000 年代のセックスレス現象を日本の男性誌・女性誌はどう描いているのか ―解消法に注目して 2 雑誌記事分析の結果   あとがき  著者:パッハー・アリス 出版元:晃洋社 表記:日本語 H210mm×W148mm/288P/2022 *Overseas shipping OK *Free shipping on orders over ¥ 10,000 in Japan only. Overseas shipping charges apply.