女(じぶん)の体をゆるすまで(下)/ ペス山 ポピー
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

女(じぶん)の体をゆるすまで(下)/ ペス山 ポピー

Last 2

1,200 JPY

About shipping cost

自身の「女の体」に疑問を抱いた幼少期、 ミソジニーを内包するに至った学生時代、 性被害を受けまくる女友達との決別… この漫画に描かれるペス山さんの過去を通じて、 誰しもが一度は感じたことのあるだろう、当時理由はわからなかったジェンダーにまつわる違和感と理不尽が、 オリジナルかつユーモア溢れる筆致で解き明かされていきます。 下記、15話のペス山さんのモノローグからの引用です。 「ずっと砂利道を裸足で歩いてるみたいだった。 痛くて歩けなくなって、そのことをとても恥じた。 しかし痛みを正面から実感して、 『痛い。』『靴が欲しい。』 こう訴え続けることで、私はやっと歩けている。 痛みをなかったことにしている人も、 そもそも痛みを感じない人も、一緒に歩いている。 『痛い。』『痛い。』『全員分の靴が欲しい。』 私は黙れない。 だから描くのだと思う。」 〜編集部より 著:ペス山 ポピー 出版元:小学館 表記:日本語 H210mm×W150mm/176P/2021 *Overseas shipping OK *Free shipping on orders over ¥ 10,800 in Japan only. Overseas shipping charges apply.