RESPECT 男の子が知っておきたいセックスのすべて
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/11

RESPECT 男の子が知っておきたいセックスのすべて

Last 3

1,980 JPY

About shipping cost

10代の男の子に向けて書かれた本書、何が感動するって“女の子とのセックス”の章と“男の子とのセックス”の章が並列に書かれていることです。 「ハンドジョブ(手コキ)のコツ」「フェラをするためのコツ」「ディープスロート」まで優しく丁寧にアドバイス、「イケる相手なのにイケない問題」なんて、思い当たる節が大ありかもしれません。 自分のからだ、相手をリスペクトすること、恋愛、セクシュアリティ、セックス、AVやSNSなどとの付き合い方…どれもこれも大切なことばかり。さらに、イラストレーターのボブa.k.aえんちゃんによる挿画が、昔のゲイ雑誌を思い出すようなテイストでめちゃくちゃ可愛い! 10代の頃にこんな性教育を受けたかった。こんな本を手にしていたら、どれだけよかったでしょう。今、10代はもちろん、多くの大人に読んでほしい一冊です! ******* #MeToo時代の性教育は同意がキホン! ティーンから大人まで学べる、スウェーデンから届いた自由で安全なセックスエデュケーション。 訳者みっつんさんによる告知動画を是非ご覧ください! https://www.youtube.com/watch?v=CzWZMQOImFo はじめに、いちばん大切なこと ぼくは時どき、学校でセックスについて教えている。そのとき、どうしたらお互いに気持ちいいセックスができるかを、よく男の子たちに聞かれるんだ。それに対してぼくは、リスペクト、つまり相手を尊重する気持ちがいいセックスと愛の基本だ、と答えている。リスペクトを込めて相手と向き合えば、お互い納得できるセックスになり、ふたりとも楽しむことができる。 そんなセックスをどうやって実践するか、それをこの本で知ることができるってわけだ。 この本は、主に10代の男の子向けに書いた。10代っていうのは、さまざまな経験に触れることのできる長い期間だ。まだキスをしたことのない人、初体験をすませた人、どちらが読んでも役立つようにこの本を世に出したんだ。もし途中で、これは自分にはまだ早すぎると感じたら、そこは飛ばしてくれていい。必要なときがきたら、またページをめくればいいんだから。 みんなの愛とセックスに、グッドラック ! インティ ◎目次 はじめに、いちばん大切なこと 1 自分のこと パンツの中のこと/ルックス/チンコのサイズ/ムラムラすること/ソロセックス/ポルノ(AVなど)/男性の役割 2 女の子のこと 女性のからだについて/理想の女の子像/女の子の性欲/はじめてなのに血が出ない?/生理 3 愛ってなに? 恋に落ちる/アプローチ/キス/いい人/付き合うこと/別れ 4 リスペクト リスペクトの伝え方/男性の集団心理/女の子はいつも痴漢におびえている/名誉という抑圧/男女の幅のきかせ方/家事 5 セックスの基本 セックスのイメージ/メイクアウト/初体験/勃たないときは…/イエスとノー 6 ストレート? ゲイ? 誰が好きなんだろう?/同性愛嫌悪は治せる/異性愛者のきみへ 7 女の子とのセックス 女の子とするのはどんなこと?/性交(挿入を伴うセックス)/セックスはふたりのもの 8 男の子とのセックス 探検しよう/フロット/タチとウケ/イケる相手なのにイケない問題 9 いろんな種類のセックス セクスティング/自作ポルノ/アナルセックス=チンコ挿入ではない/セックスについて話そう 10 こころとからだ セックスと感情/セーファーセックス/妊娠 ◎著者プロフィール 著者:インティ・シャベス・ペレス スウェーデン・イェーテボリ在住の作家、性教育者。ジャーナリストを経て、平等・セックス・セクシュアリティにかんする問題に専念するようになる。10代の若者向けに学校等で性にまつわる授業や、助産師・教師・政府関係者向けの講義を行なう。男子の性暴力、LGBTQ+、名誉暴力(主に女性に対する慣習的な性暴力)などの問題に取り組む専門家として、スウェーデン政府から任命される。MUCF (スウェーデン青少年市民社会庁)の諮問委員会メンバー。 訳者:みっつん 名古屋市生まれ。2011年、スウェーデンの法律の下、結婚。同年、夫リカとともに東京からロンドンへ移住。2016年、サロガシー(代理母出産)により男児を授かったのを機に、夫の出身地であるスウェーデン、ルレオに移住、現在にいたる。ブログ「ふたりぱぱ」で、サロガシーの経験や子育て日記を綴ったり、動画やSNSなどでその普段の様子をシェアしている。著書に『ふたりぱぱ:代理母出産(サロガシー)の旅に出る』(現代書館、2019年)がある。 YouTube「ふたりぱぱチャンネル」 医療監修者:重見大介 産婦人科専門医/公衆衛生学修士 2010年に日本医科大学を卒業。その後大学病院や市中病院で産婦人科医として臨床に従事する。 公衆衛生学を学ぶため、2018年に東京大学大学院公共健康医学専攻を卒業。同年4月より東京大学大学院博士課程に在籍し、主にヘルスケアビッグデータを用いた臨床疫学研究に従事している。 また、並行して産婦人科領域の遠隔健康医療相談サービス「産婦人科オンライン」の代表を務める。このほか、「女性の健康と社会課題」を活動の軸とし、包括的性教育に関する講演や執筆、HPVワクチン啓発プロジェクト(みんパピ ! )、Yahoo!ニュース個人オーサー、SNSでの情報発信等で活動している。 著者:インティ・シャベス・ペレス 翻訳: みっつん 医療監修:重見大介 イラスト:ボブa.k.aえんちゃん 出版元:現代書館 表記:日本語 H210mm×W148mm/240P/2021 *Overseas shipping OK *Free shipping on orders over ¥ 10,800 in Japan only. Overseas shipping charges apply.