みんな自分らしくいるためのはじめてのLGBT / 遠藤まめた
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

みんな自分らしくいるためのはじめてのLGBT / 遠藤まめた

Last 2

902 JPY

About shipping cost

・友達に秘密があるって悪いこと? ・恋愛の当たり前ってきついんですけど ・なんでも個性と呼んでいいの? ・家族が結構重たいんだけど あたり前に疲れたあなたへ 【目次】 第一章 友達にはわかってほしい 身近な人ほど言えないこと/ 小さなウソでも気づけば大きなウソに/同性が好きな人への誤解/多数派は自分の特権に気づきにくい/打ち明けない場合の対処法/他の価値観で生きる他者に出会う/他人からの「勇気を出せ」は無責任/カミングアウトという選択肢/前もって準備をしてみよう/ 「どう反応をしたら良いですか」?/ 「理解される」のむこう側へ/コラム カミングアウトをめぐる歴史 第二章 それって個性なの? 個性は結構難しい/ルールが正しいとは限らない/脱がないのはワガママ?/広まりつつある「選べる制服」/有意義な議論ができるチャンス/スウェーデンでは給食をみんなで決める/ 「トイレに行ってもいいですか」/学校の外につながりを探す/かがやく個性とハトのフン「/障害は障害」と語る障害者たち/好きなことをのばせばよい/コラム 「丸刈り王国」最後の地 第三章 恋愛、それはややこしい 愛については語ってくれない/モテすぎて困る人/モテなさすぎて困る人/恋愛の「好き」がわからない/恋愛の当たり前、なんであるの?/はかなくて素敵な片思い/ 「異性を好きになる」と決めつける教科書/名前がつかない性や愛もある/性の知識と好奇心は別物/性教育のスタイルは様々/年齢よりも相手の気持ち/コラム BLや百合マンガのことをどう思いますか? 第四章 家族の「普通」ってなんですか? 家族がサメより危険な理由/学校にいくのは義務ではなく権利/母の期待と現実/普通だったらよかったのに・・・/寺山修司を襲撃した母/わりきれなさを肯定する/泣かない子だった宇多田ヒカル/語られなかった家族の病気/普通の家族なんてない/自分が新たに家族をつくるために/法律上の性別を変えるには/子どもと一緒に暮らす様々な方法/ 「普通」になるより相手と向き合う/コラム 朝ごはんを作るのはだれ? 〜出版社レビュー ◎著者プロフィール 遠藤 まめた 1987年、埼玉県生まれの横浜市育ち。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけに、10代後半よりLGBT(セクシュアル・マイノリティ)の子ども・若者支援に関わる。著書に『先生と親のためのLGBTガイドーー もしあなたがカミングアウトされたなら』(合同出版)、『オレは絶対にワタシじゃないートランスジェンダー逆襲の記』(はるか書房)『ひとりひとりの「性」を大切にする社会へ』(新日本出版社)などがある。 著:遠藤まめた 出版元:筑摩書房 表記:日本語 ZINE H172mm×W105mm/208P/2021 *Overseas shipping OK *Free shipping on orders over ¥ 10,800 in Japan only. Overseas shipping charges apply.