ROOM / 鄭庭維 Ting-Wei ,Zheng
original
6029600c31862579998c1b88 6029600c31862579998c1b88 6029600c31862579998c1b88 6029600c31862579998c1b88 6029600c31862579998c1b88 6029600c31862579998c1b88 6029600c31862579998c1b88 6029600c31862579998c1b88 6029600c31862579998c1b88 6029600c31862579998c1b88 6029600c31862579998c1b88 6029600c31862579998c1b88 6029600c31862579998c1b88 6029600c31862579998c1b88 6029600c31862579998c1b88

ROOM / 鄭庭維 Ting-Wei ,Zheng

3,520 JPY

About shipping cost

2021年1月に日本でも知られる台北の書店“田園城市生活風格書店”で開催された、鄭庭維さんと林家夯さん二人の写真家による展覧会『Roommate』。 その展覧会に合わせて制作された鄭庭维さんの写真集『ROOM』。 1993年生まれの彼と同年代の台北に暮らす人たちが、部屋の中で、外でみせる姿とは違う、リラックスした佇まいでそこに存在するのを捉えた写真。肌で伝わってくる独特の温度は、カメラ越しの鄭さんと親密な関係を感じさせてくれます。 「たくさんの見知らぬ人の部屋へ行くたびに、その人の部屋の内装や好きな本、好きな音楽などを見て、相手のことを知り、部屋の親密な空間での交流することがとても楽しくなりました。そんな中で、写真を撮ることで、お互いのことをより知ることができました。 部屋とは、そこに暮らす人が自分自身でいるための最も心地よい場所だと思っています」 写真集『ROOM』について彼は、今回の写真集は16年前、写真を始めた頃から続けている企画で、最初は元彼が留学へ行く前に、その彼の“部屋”で彼を記憶に留めようとフィルムカメラで撮影したのがきっかけだったと言います。 また、高校時代に出会った、森栄喜さんの写真集『tokyo boy alone』や『intimacy』で見た、繊細な感情を映し出した綺麗で心地よい光の写真からも影響も受けているそうで、実際、写真集『ROOM』は、台湾を代表するグラフィックデザイナー聶永真さんがデザインした写真集『tokyo boy alone』へのオマージュも感じます。 鄭さんと同世代のグラフィックデザイナー林正祐さんによる装丁は、コデックス装で綴じられ、表紙はボールをグレーの紙で包んで、そこにプリントされた写真を貼り、上から箔押しでタイトルの「ROOM」を重ねた美しい仕上がりになっています。 写真プリント2枚付き ◎プロフィール 鄭庭维|Ting-Wei ,Zheng 1993年生まれ、台北出身、台北大学経営管理学科卒。 昔の映画や舞台劇、自主制作の音楽が好き。フリーのカメラマン。 ・2020年 Wonder Foto Day 台北国際写真芸術交流展 入選 ・良日激動所 第2回 写真グループ展「浸泡・手槍・肥皂箱」入選。 ****** 『Roommate』林家夯x 鄭庭維攝影展 2021.01.09SAT~2021.01.31SUN 田園城市生活風格書店 元彼は自分たちのことを周囲に説明する時に「僕たちはただのルームメイト」という言い方を使っていた。 “部屋”の中は最も親密な距離を感じる場所で、僕らはそこで本当の自分をさらけ出し、互いにコミュニケーションをとっている。一緒に笑って暮らしているけれど、常に分断も起こったりして、そんな表裏一体の存在、成長と傷と不安のあと、写真を撮ることで、そこに存在する実像の感情を探求する。 ****** 著:鄭庭維 装丁デザイン:林正祐 H230mm×W170mm/116p/2021 *Overseas shipping OK *Free shipping on orders over ¥ 10,800 in Japan only. Overseas shipping charges apply.