{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/26

VOSTOK vol.37 / Your Selfie

2,860 JPY

About shipping cost

2016年に創刊された韓国の写真誌『VOSTOK』。 毎号鋭いテーマを定めて、新しい感覚の写真と優れた文学の境界を往来する美しい写真誌です。 2023年1月に発行されたvol.37のテーマは“Your Selfie”。 セルフ・ポートレートからセルフィーまで、同時代に共存する自己のイメージ、そして自ら自分のイメージを作る過程について扱う。その中で、自分と戦い、自分と和解し、自分を憎み、自分を愛し、自分に耐えられず、自分と寄り添い、そうして自分に対して敏感かつ繊細に反応する作家たちが作り上げた、多彩な「自分のイメージ」に出会うことができる。そして、自己アイデンティティの形成に多大な影響を与えるイメージと視覚環境を冷静に探求する写真作品を一緒に見ることができます。 こうして集められた写真と文章を一緒に見て、読んでいく過程で、ぜひ忘れてほしくないことがあります。セルフィーだけでなく、あらゆるイメージが溢れている時代ですが、それでも「自分のイメージ」を作ることが切実に必要な人が存在するという事実です。 ***** 私が私を見つめて 自分が「自分のイメージ」を作る過程 今や自撮りをすることは非常に一般的で自然なこととなっています。 特に意識しなくても、また何かを意図しなくても私たちは自撮りをします。 数え切れないほどの自撮りがオンラインやSNSに溢れ、それ以上に多くの自撮りがスマートフォンの写真集に重なっていきます。セルフィーはまるで古い習慣や直らない癖のように、あるいは中毒に近い行動のように、すでに私たちの体と心に浸透しています。いつでもどこでもスマートフォンを手にした人々は「私を撮る、だから存在する」のです。 しかし、セルフィー以前のセルフポートレート、もっと正確に言えばアート写真のジャンルとしてのセルフポートレートは、意識的で意図的な行為が連続し、組み合わさって完成します。自分について考え、それをイメージと結びつけ、そのイメージに合わせて服を選んだり、メイクをしたり、部屋を飾ったり、別の場所を訪れたりします。 そこでカメラを設置し、レンズの前に自分が立ちます。自分が自覚している自分と他人が認識している自分、現実の中の自分と理想の中の自分、見せたい自分と隠したい自分など、様々な関係や変数の間で私は自分を演じます。シャッターを押す瞬間、見る私と見られる私の間で、カメラに向かって笑うべきか、それとも泣くべきかを考えます。 そうしてカメラの前と後ろを行き来し、あたかも流動的な離脱をするように私が主体と客体に分裂する過程を経た後、果たして「本当の私」に出会えるのでしょうか。 ***** 社会的規範や宗教的信念、正常性の概念などの尺度で存在そのものを否定されるマイノリティは、依然として自分の望む「自分のイメージ」を簡単に持つことができません。 彼らはセルフィーのイメージを通して自分の存在を宣言し、自分の存在を否定する外部の力に抵抗します。 彼らのイメージは、これまで正しく記録/記憶されなかった数多くの存在を呼び起こします。 そして、ある存在を消し去り描かれたこの世界の現在を直視させます。もう一度、また新たに「あなたのセルフィー」を見なければならない理由がここにあります。 編集:VOSTOK編集部 出版元:VOSTOK PRESS 表記:韓国語 H240mm×W170mm/224P/2023 *Overseas shipping OK *Free shipping on orders over ¥ 10,800 in Japan only. Overseas shipping charges apply.

Sale Items