{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

母親になって後悔してる / オルナ・ドーナト

2,200 JPY

About shipping cost

子どもを愛している。それでも母でない人生を想う。 社会に背負わされる重荷に苦しむ23人の切実な思い。世界中で共感を集めた注目の本。 もし時間を巻き戻せたら、あなたは再び母になることを選びますか? この質問に「ノー」と答えた23人の女性にインタビューし、女性が母親になることで経験する多様な感情を明らかにする。女性は母親になるべきであり、母親は幸せなものであるという社会常識の中で見過ごされてきた切実な想いに丁寧に寄り添った画期的な本。 ◎目次 はじめに 後悔について話すとき、私たちは何について話しているのか 研究について 本書のロードマップ 1章 母になる道筋 社会の指示vs 女性自身の経験 「自然の摂理」または「選択の自由」 流れにまかせて 子どもを持つ隠された理由 意志に反して母になることに同意する 2章 要求の多い母親業 母は、どのように見て、行動し、感じるべきか 「良い母親」と「悪い母親」:彼らは常に「母親像」を追いかけている 母性のアンビバレンス 3章 母になった後悔 誰の母でもない自分になれたら 時間と記憶 後悔:取り消せないことを元に戻したいという願い 後悔と生殖と母性のかけひき 「それはひどい間違いでした」 後悔は母になったことであり、子どもではない 実現の瞬間 母であることのメリットとデメリット 4章 許されない感情を持って生きる 母である経験と後悔の表現 過去の私と今の私 トラウマ的な体験としての母 母性愛の絆と束縛 世話をする義務 母であること:終わらない物語 父親はどこにいる? 消し去る空想 子どもと離れて暮らす 子どもを増やすか否か 5章 でも、子どもたちはどうなる? 母になったことの後悔――沈黙と発言のはざまで 話そうとする・沈黙を保つ 「子どもたちは知っているの?」 後悔について沈黙することで、子どもを守る 知らせることで、子どもを守る 6章 主体としての母 後悔から学ぶ 母親への働きかけ:長所と短所 母であることの満足度:条件だけが問題なのか? 客体オブジェクトから主体サブジェクトへ:人間としての母、関係性としての母性 エピローグ 謝辞 訳者あとがき ◎著者プロフィール 著:オルナ・ドーナト Orna Donath イスラエルの社会学者(博士)、社会活動家。テルアビブ大学で人類学と社会学の修士号、社会学の博士号を取得。2011年、親になる願望を持たないユダヤ系イスラエル人の男女を研究した初の著書『選択をする:イスラエルで子供がいないこと(Making a Choice: Being Childfree in Israel)』を発表。2冊目となる本書は、2016年に刊行されるとヨーロッパを中心に大きな反響を巻き起こし、世界各国で翻訳された。学術研究に加えて、イスラエルのレイプ危機センターの理事会の議長を務め、12年以上にわたってセンターでボランティア活動を行っている。 著者:オルナ・ドーナト 日本語訳:鹿田昌美 出版元:新潮社 表記:日本語 H188mm×W127mm/320P/2022 *Overseas shipping OK *Free shipping on orders over ¥ 10,800 in Japan only. Overseas shipping charges apply.