{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

搾取都市、ソウル ―韓国最底辺住宅街の人びと

Last 1

1,870 JPY

About shipping cost

韓国の首都、ソウル。貧困層が住む最底辺の住宅「チョッパン」を取材する記者が苦心の末にたどり着いたのは、「見えない」富裕層による搾取の実態だった―。 チョッパン街住民の声、自身の貧困経験や徹底した調査をもとに、新自由主義がまかり通る社会に問いをつきつける渾身のルポ。 ◎目次 はじめに ・第一部 地屋考の下、チョッパン 「現代版チョッパン」、考試院の人びと 2018年11月9日 国一考試院の火災/327号、イ・ミョンド、64歳/326号、ホン某、59歳 「非情都市」の最低辺住宅 たった1万ウォンであなたの悲惨な人生を買います/生きながら入る棺、チョッパン/パクさんのチョッパン チョッパン街の貧困ビジネス カン氏一族/抜け出せないチョッパンの囲い/チョッパンで暮らすということ/誰がチョッパンでお金を儲けるか/チョッパン街の生態系の中軸、中間管理人/「地屋考の下、チョッパン」を報道する 「地屋考の下、チョッパン」その後 チョッパン街に配られた新聞/再び会ったパクさん ・第二部 学生街の新チョッパン 自伝的「住居難民」の物語 20代の私は「住居難民」だった/逆行する、若者の住居貧困 学生街がチョッパン街になっている 郵便受けと計量器が家について語ってくれること/あなたのワンルームは「新チョッパン」ですか/都心の中の島、沙斤洞の秘密/彼らが学生寮に反対した理由/新チョッパン潜入取材 ソウル、流浪する人びとの欲望の都市 沙斤洞から来た返信/あなたにとって家は何を意味しますか?/若者に非情な都市、ソウル/「プロデュース101」の縮小版、ソウル 最後に 韓国を知ることで、日本を知る ―訳者解説 ◎著者プロフィール 著者:イ・ヘミ (韓国日報記者) 1989年、釡山生まれ。延世大学で中国語・中国文学と政治外交学を専攻した。 著書に『資本主義キッズの反資本主義的奮闘記』、同僚記者たちとの共著に『完全犯罪はない2』『ディア・マザー』がある。「今年の女性記者賞」「チェ・ウンヒ女性記者賞」「今月の記者賞」「今年のデータ基盤探査報道賞」「韓国オンラインジャーナリズムアワード大賞」などを受賞。2021年からはジェンダー・ニュースレター「Her Story」を制作・発信している。「マスメディアのもっとも重要な役割は権力に対する監視と批判であるが、同時に社会的弱者の声を代弁し続けなければならない」という故イ・ヨンマ記者の言葉を忘れないようにしている。 訳者:伊東順子 (ライター) 編集・翻訳業。愛知県生まれ。1990年に渡韓。ソウルで企画・翻訳オフィスを運営。2017年に同人雑誌「中くらいの友だち――韓くに手帖」(皓星社)を創刊。著書に『韓国 現地からの報告 ―セウォル号事件から文在寅政権まで』(ちくま新書)、『韓国カルチャー ―隣人の素顔と現在』(集英社新書)などがある。 著者:イ・ヘミ 日本語訳: 伊東順子 出版元:筑摩書房 表記:日本語 H188mm×W132mm/240P/並製/2022 *Overseas shipping OK *Free shipping on orders over ¥ 10,800 in Japan only. Overseas shipping charges apply.

Sale Items