にほんでいきる  --外国からきた子どもたち
601d9da76e84d53fd3d57b08

にほんでいきる  --外国からきた子どもたち

1,760 JPY

About shipping cost

日本で暮らす外国籍の子どものなかに、学校に通っていない/通えない(就学不明の)子どもがいる。子どもたちはこれからの社会を支える一員になるにもかかわらず、教育を受ける権利をないがしろにされている。かれらはどのような状況に置かれ、どのようなことを思い、どのように生きているのか。たくさんの人に読んでほしい一冊。 〜出版社レビューより ◎目次  はじめに 第1章 閉ざされた扉――就学不明2・2万人  学校に行かない子どもたち   1 不就学の連鎖、命を落としたアユミ   2 逮捕され、ようやく見つけた学びの場   3 教育の受け皿なく、追い詰められたプリンセス   4 「発見」された子どもたち   5 就学を強制できないジレンマ  不就学ゼロを提唱――小島祥美さんに聞く岐阜県可児市の15年  調査データ――取材班による100自治体調査と文部科学省の全国調査  Q&A 不就学になる理由  インタビュー 前川喜平さん「教育を受けさせないのは虐待」 第2章 学校には来たけれど――無支援状態1・1万人  日本語を学べない子どもたち   1 自力で学ぶ限界、無支援状態1年半のサロチャー   2 話せない、読めない理由   3 「日本語が分からないと学校には入れません」   4 スキルも人手もなく、担い手不足に悩む学校  調査データ――無支援の子の実態と自治体の苦悩  海外の母国語教育事情  インタビュー サヘル・ローズさん「言葉は人と人をつなぐ橋渡し」 第3章 「発達障害」と見なされて――特別支援学級の在籍率2倍  特別支援学級にいる子どもたち   1 IQ検査の日本語が分からなかったタケシ   2 教師の葛藤   3 日本語教育を特別支援学級に丸投げ   4 ブラジル大使館の危機感   5 ドイツの事例  調査データ――特別支援学級にいる子の割合と分析  インタビュー 中川郷子さん「子どもに責任を押しつけないで」 第4章 ドロップアウトの先に――不就学・不就労3000人  社会で迷う子どもたち   1 特殊詐欺に利用されたマイケル   2 日系ギャングと呼ばれたホドリゴ   3 断たれゆく再起の道   4 20歳の高校受験生、アンドレア   5 消えない過去を背負って   6 少年院でルーツと向き合う  調査データ――国勢調査からみた不就学・不就労の未成年  高校中退率は7倍  高校入試の壁  インタビュー 田中宝紀さん「教育と就労の境目で支援を」 第5章 見つかった居場所――日本語教育に救われて  未来を描けた子どもたち   1 「急がなくていい」、名月のメッセージ   2 16歳の中学生、マリオン   3 9歳で就学が実現したナディ   4 横浜市立南吉田小学校の多国籍な日常 第6章 にほんでいきるために  政策の現状と課題   1 文部科学省による有識者会議の設置と報告書   2 日本語教師資格の創設へ  寄稿 山野上麻衣さん 不就学問題の20年、現在とこれから  取材をふりかえって  おわりに 著:毎日新聞取材班 出版元:明石書店 表記:日本語 H188mm×W127mm/272P/2020 *Overseas shipping OK *Free shipping on orders over ¥ 10,800 in Japan only. Overseas shipping charges apply.