FOUNTAIN 新活水 issue 11 / LOVE IS EQUAL
5e2f6763c78a5309beda2927 5e2f6763c78a5309beda2927 5e2f6763c78a5309beda2927 5e2f6763c78a5309beda2927 5e2f6763c78a5309beda2927 5e2f6763c78a5309beda2927 5e2f6763c78a5309beda2927 5e2f6763c78a5309beda2927 5e2f6763c78a5309beda2927 5e2f6763c78a5309beda2927

FOUNTAIN 新活水 issue 11 / LOVE IS EQUAL

Last 1

2,090 JPY

About shipping cost

台湾文化を通じて国内外で文化交流することを目的に作られた雑誌で、トップはなんと蔡英文(台湾総統)さんが務める……というと堅苦しいものを想像するかもしれませんが、その真逆!!! 新しい視点で、毎号ひとつのテーマをそのコミュニティに根ざして掘り下げ、またデザインや造本に至るまで、一歩も二歩も先を捉えて作られている雑誌、それが『FOUNTAIN 新活水』です。 issue 11のテーマは“LOVE IS EQUAL”。 アジアではじめて同性婚が合法化された台湾。巻頭のツァイ・ミンリャン監督のインタビュー、アーティストのシュー・リー・チェンと哲学者&キュレーターのポール・B・プレシアードの対談にはじまり、文学、映画、アート、音楽などで描かれてきたセクシャルマイノリティのアイデンティティを読み解きます。ゲイやレズビアンのためのスペースや、街にまつわる文化と社会の変遷、セクシャルマイノリティの政治参加、さらにトランスジェンダーや先住民の物語を紡ぎ出します。 ポジティブな出来事の反面で取り残されている数々の問題にも目を向け、同性家族と子育て、多国籍パートナーシップの難しさ、先住民コミュニティの中でのカミングアウト、宗教との関わり方などなど、まだまだ道半ば、やるべきことをひとつひとつ議論していきます。台湾の性的マイノリティの平等な権利をさらに後押ししようとする意欲溢れる特集。ホログラム仕様でレインボーにキラキラ光る表紙、本文も特色インクを美しく重ね、漢字のタイポグラフィなど、デザインにも魅了される雑誌『FOUNTAIN 新活水』issue11をぜひ手にとってご覧ください。 "Where Have All Flowers Gone"過去から届いた架空の「誰も知らない手紙」の袋綴じ、DESCENT FROM OUR FEARのB3サイズポスターの付録付き。 ◎出版社レビュー https://www.youtube.com/watch?v=ODMREgGTGO8 出版元:文総 表記:中国語(繁体字) H280mm×W198mm/116P/2019 *Overseas shipping OK *Free shipping on orders over ¥ 10,800 in Japan only. Overseas shipping charges apply.