ふたりのパパとヴィオレット LES PAPAS DE VIOLETTE
5e04f30dd790db3068893ac1 5e04f30dd790db3068893ac1 5e04f30dd790db3068893ac1 5e04f30dd790db3068893ac1 5e04f30dd790db3068893ac1 5e04f30dd790db3068893ac1 5e04f30dd790db3068893ac1 5e04f30dd790db3068893ac1

ふたりのパパとヴィオレット LES PAPAS DE VIOLETTE

Last 1

1,650 JPY

About shipping cost

パパが一家にふたりいたら、変?おかしい? 男どうしで夫婦になるなんて、何かの病気? でもヴィオレットなら「ちっともおかしくないわ」と言うでしょう。 「パパとダディーはわたしが大好きで、わたしもふたりのことが大好き。みんなの家族と同じなの」と。 “家族って、何?” どんな家庭も抱えるこの問いにシンプルな答えを与えてくれる、とある一家の物語です。 ........................................ 出版社HPより 男同士で手をつないだり、ハグしたりするヴィオレットの二人のパパのことを学校では同級生たちがばい菌扱い。 そのことでヴィオレットもイジメられています。 でも、ヴィオレットはふたりのパパのことが大好き。 三人はお互いを思いやる大切な家族です。 作:エミール・シャズラン、ガエル・スパール 日本語訳:中山亜弓 装丁デザイン:小久保由美 出版元:ポット出版 表記:日本語 H235mm×W205mm/30P/2019