Room Taipei / 林家夯 lin jaihang
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

Room Taipei / 林家夯 lin jaihang

Last 3

3,630 JPY

About shipping cost

2021年1月に日本でも知られる台北の書店“田園城市生活風格書店”で開催された、林家夯さんと鄭庭維さん二人の写真家による展覧会『Roommate』。 その展覧会に合わせて制作された林家夯さんの写真集『Room Taipei』は、東京に暮らした経験もある林さんが、現在生活する台北の部屋で過ごす時間をとらえた愛おしい写真集です。また写真集の後編では、高雄出身の彼が東京、台北以前に、恋人を追って暮らした中国・深圳での4年間の日々を記録したフォトzine『Shenzhen 513』の写真も収録されています。 https://qpptokyo.com/items/5ede14a855fa037b9f6e9645 ステッカー2枚付き 「私は、自分の空間を持つことが大人だと子供の頃は感じていました。今では自分の空間を持つことができるようになりました。大人になって年月を重ねながら、自分が成長し、指先には世界が広がっていることを夢見ています。でもうまくいかない時には、なぜここにいるのだろうという自問することもあります。 私は部屋と対話し、その変化、プロセスを記録しました。 たくさんの人と出会い、この部屋を出入りした人々の身体、交わされた会話、感情など、部屋で過ごした5年の記録をここに残しました」 ◎プロフィール 林家夯|lin jaihang 高雄出身、台湾芸術大学卒、シェムリアップ、上海、深圳、東京を経て、現在はグラフィックデザイナーとして台北に在住。 2020年、自費出版 Shenzhen513、東京グループ展「ART BOOK ROCKS ME」に参加。 ****** 『Roommate』林家夯x 鄭庭維攝影展 2021.01.09SAT~2021.01.31SUN 田園城市生活風格書店 元彼は自分たちのことを周囲に説明する時に「僕たちはただのルームメイト」という言い方をしていた。 “部屋”の中は最も親密な距離を感じる場所で、僕らはそこで本当の自分をさらけ出し、互いにコミュニケーションをとっている。一緒に笑って暮らしているけれど、常に分断も起こったりして、そんな表裏一体の存在、成長と傷と不安のあと、写真を撮ることで、そこに存在する実像の感情を探求する。 ****** 著:林家夯 装丁デザイン:林家夯 H215mm×W160mm/128p/2021 *Overseas shipping OK *Free shipping on orders over ¥ 10,800 in Japan only. Overseas shipping charges apply.